www.sonnerie-shop.com

今回は為替というものの基本事柄に携わるお話をします。為替取引を簡潔に説明すると「目の前で金の送らない場合でも金銭授受の意図を成し遂げるやり取り」を指します。よく為替市場といえばほとんど外国の為替を表す事が大半です。外為とはお互いの国の金銭のやり取りをする事です。外国へ旅行(イギリス、タイ、アメリカ)をしていれば、きっと為替の取引の経験があります。どこかの銀行に行って旅行先のお金へと交換するのはそれはまさに国際為替です。為替の市場といえば、買おうと思っている人と売りたいと思う人の額を示したものです。銀行同士の取引の末に決定されるものです。それがマーケットメイカーと言われている世界中の複数の銀行なのです。為替相場はいろんな影響を受けながらも引き続き時間とともに変わって行きます。為替レートを変動させて行く引き金は、ファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズというのは経済の動き、経済のベースや様々な条件のことです。国ごとの経済成長率や景気の状況、金融緩和、国際収支統計、失業者数、有力者の発言と言ったことが絡んで為替レートは変化するのです。この中でも経常収支や失業率は重大と考えられます。外国取引の収支とは何か、日本では財務省よりの指示で中央銀行(日本銀行)通関統計を土台としてまとめた異国との一定時期の貿易を残したものです。この統計は行政機関や日銀のホームページ等で見られます。雇用統計・失業者数も影響することが多い項目であると言われます。特に米の雇用者の統計はポイントとなります。月次で公表され検証のねらいが幅広い点が特徴です。為替のレートの状況は国の経済の変動なのであります。景気の推移を読むことで為替の変化の把握が可能と言うことです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.sonnerie-shop.com All Rights Reserved.